脱毛前のvioラインのシェービング方法

vioラインの間違ったシェービングは危険がいっぱい
サロンやクリニックで脱毛する時は、事前に脱毛部位のムダ毛をシェービングしておく必要があります。でも、手足や顔、おなかであれば自分でシェービングすることができますが、背中やvioラインのように見えにくく、手も届きにくい場所のシェービングは自分ではなかなか難しいですよね。特にvioラインはとてもデリケートなので、間違ったシェービング方法では肌や粘膜を傷つけてしまい、場合によっては施術を断られてしまうこともあります。

シェービングをするときには、かみそりを使うのが一般的なのではないでしょうか。しかしかみそりはとても肌を傷つけやすいのであまりお勧めはしません。「しっかりとシェービングクリームを使えば問題ないんじゃないの?」と考える方もいるかもしれませんが、これも肌に負担をかけてしまうことに変わりはありません。「入浴時の肌が柔らかくなった状態でシェービングすれば負担が少ないはず」と考える方もいるかもしれません。確かに入浴中はムダ毛処理がしやすいのですが、浴槽のお湯には意外とたくさんの雑菌がおり、それがシェービング直後のデリケートな肌から侵入して思わぬ肌トラブルを引き起こしかねません。

vioラインのおすすめのシェービング方法は?
vioラインのシェービングは、電気シェーバーを使って行うのがおすすめです。ただし手や足用の普通のシェーバーは歯が大きいため細かい部分の処理がしにくいため、顔用のシェーバーやデリケートゾーン専用のシェーバーを使うのがいいでしょう。かみそりに比べて少し剃りにくさを感じるかもしれませんが、肌への安全性を第一に考えましょう。

自己処理に自信がなければスタッフにお願いする方法も
サロンやクリニックによっては、シェービングをスタッフにお願いできる場合があります。有料の場合もあれば、デリケートゾーンや背中のような自己処理が難しい部位なら無料でシェービングしてくれる場合もあります。また、剃り残しがある場合は無料で処理してくれるところもあります。vioラインの脱毛をするのなら、シェービングをスタッフにお願いできるサロンやクリニックを選ぶのがいいかもしれません。